COORDINATE

JAMAIS VU×editor_kaoの
「彩りのある着こなし」vol.4 <Black>

2020.06.26

ジャメヴの美しい色使いに魅了された
editor_kaoが、毎回テーマカラーごとにコーディネートを提案する連載企画です。第4回は、涼しい印象で着こなす黒について!
フリーエディターのeditor_kaoが、ジャメヴの新作と私服をM I X。コーディネート&解説をするコラム連載です。
今回取り上げるのは、定番だけど、夏にどう着たらいいか迷いがちな黒。重たかったり、暑苦しい印象にならない組み合わせを考えてみました。

夏に着る“大人の黒”って美しい

ICE COTTON リブノースリーブ ¥14,300(tax in)
ICE COTTON リブヘンリーネック ¥14,300(tax in)
ペルビアンピマコットンワンピース ¥19,800(tax in)

ベーシックカラーだけど、暑い夏には避けがちな黒。だけど、すっきりと着こなせば全体をシャープに見せてくれる美人色でもあるんです。ポイントは、肌見せや配色のバランス。大人の女性をきれいに見せてくれるサマーブラック・スタイルをご紹介します。

Style01:
黒ワンピースは削ぎ落としたモノトーンで

ペルビアンピマコットンワンピース ¥19,800(tax in)
OTHER editor_kao私物

夏は何かと頼りになるワンピースですが、着こなしの黒の分量が多くなるのも事実。
その場合は余計な色を差さず、モノトーンでクールにまとめるとすっきりします。きめ細やかなペルビアンピマコットンを使ったカフタンワンピースは、ゆとりのあるシルエットで軽やかな着心地。
そこに白のメルカドバッグを合わせて、夏らしい抜け感をプラスしました。アクセサリーと靴はシルバーをセレクト。涼やかな輝きが加わることで、ワンピースを重く見せません。

Style02:
チャーミングなドットを合わせて
パリジェンヌ風に

ICE COTTON リブノースリーブ ¥14,300(tax in)
OTHER editor_kao私物

シンプルなノースリーブニットは、ノルマンディ産のリネン素材。シャリ感のある風合いが高湿多温な日本の夏にぴったりです。タンクトップ感覚で着こなせるベーシックさがありつつも、カジュアルすぎないから一枚でもOK。ボトムをインパクトのあるベージュのドットパンツにして、愛らしい雰囲気に仕上げました。
遊び心のあるアイテムを合わせると、黒のニットを生真面目に見せない効果が。その分配色は黒×ベージュと最低限にして、大人っぽさをキープします。

Style03:
柄スカートと完成させる都会派カジュアル

ICE COTTON リブヘンリーネック ¥14,300(tax in)
OTHER editor_kao私物

ドライタッチが心地いい、コットン素材のヘンリーネックニット。体に程よくフィットするシルエットなので、ボトムにボリューム感のあるプリントスカートを合わせ、メリハリをつけました。
ふわっとしたスカートのシルクシフォンと、ニットのリブが相性よし。着こなし全体がラフになりすぎることなく、都会的にまとまります。足元はパンプスやサンダルも合うけれど、あえてハイカットスニーカーにして、ストリート感を加味。スポーティな雰囲気を足すことで、コーディネートが更新されます。

editor_kao

フリーエディター。
ファッション誌を手がける編集プロダクションに勤務の後、独立。
現在は大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やカタログ、ウェブで活動中。

また、3年目を迎えるインスタグラム
@editor_kaoでは私服コーディネートを紹介する傍ら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。

NEWS LETTER

新商品のご紹介や会員様限定のイベント情報など
最新ニュースをニュースレターでお届けします。