COORDINATE

JAMAIS VU×editor_kaoの
「彩りのある着こなし」vol.2 <Beige>

2020.03.10

ジャメヴの美しい色使いに魅了されたeditor_kaoが、毎回テーマカラーごとに着こなしを提案する連載企画です。第2回は、ナチュラルな装いに欠かせないベージュをピックアップ! フリーエディターのeditor_kaoが、ジャメヴの新作を使ったコーディネート&解説をするコラム連載。
第2回は、春の着こなしに欠かせないベージュを軸に、着こなしを考えてみました。

肌映りのいいトーンだから
ベージュでも着映え力あり

ペルビアンピマコットンワンピース ¥19,800(tax in)
SUVINオゾン5G2WAYベスト ¥16,500(tax in)
SUVINオゾンニットパンツ ¥17,600(tax in)

ベーシックカラーのひとつであるベージュは、ここ数年トレンドのリラクシーな着こなしに欠かせない色。
特にジャメヴのベージュは、ややピンク味を帯びた甘やかなトーンが魅力です。カフェラテやマカデミアナッツを彷彿させる色調はなじみがよく、さまざまな色と相性よし。
さらに肌映りのよさも期待できるので、大人の女性が無理なく着こなせます。

Style01:
同系の濃淡でつくる都会の
プリミティブスタイル

SUVINオゾン5G2WAYベスト ¥16,500(tax in)
OTHER editor_kao私物

リブ仕立てのノースリーブニットは、どちらを前後にしても着られる2WAY仕様。
ちなみに反対側はシンプルなクルーネックデザインになっています。一枚でも着られますが、白のカットソーをインすると、メリハリがついてまた違った雰囲気に。ちなみにインをTシャツにすれば、ベストっぽくも着られます。

コーディネートは、同系の濃淡でつくりたくて、ボトムをオレンジのスエード調スカートにしました。ロング丈で、これだけ分量がありながらもそれが目立ちすぎないのは、ベージュニットのニュートラルな存在によるもの。ベーシックかつ懐の深いのがベージュの利点ですが、さらにこのニットはリブ編みなので、着こなしに奥行きも生まれ、シンプルな組み合わせでも成立。スカートと同じオレンジが使われているスカーフをバッグに結び、アクセントにしました。

Style02:
カジュアルなニットパンツは
きれいめに着こなして

SUVINオゾンニットパンツ ¥17,600(tax in)
OTHER editor_kao私物

トレンドのニットパンツは、憧れるけれど難度が高い。そう思われる人も多いと思います。やはりここはベーシックカラーを選ぶのが得策ですが、特にベージュなら、チノパンの延長のように取り入れられそう。ジャメヴのニットパンツは、地厚で体のラインも拾いにくいので初心者にもおすすめです。

とはいえ、かなりカジュアルなので、合わせるアイテムはきれいめが鉄則。クリーンな印象もキープしたいから、ブルーとの色合わせにしました。トップスはパリッとしたコットンのストライプシャツを、そして小物もチェーンバッグとクラス感を感じさせるものにすれば、ニットパンツが“あえての外し”であることがアピールできます。このルールでいけば足元はヒールもOKですが、ニットパンツをはいているのに無理しすぎるのも気分でないので、気楽なフラットサンダルを選びました。テイストミックスのコーディネートは、この緩急が大事です。

Style03:
スニーカー投入で
ワンピースにひねりを効かせる

ペルビアンピマコットンワンピース ¥19,800(tax in)
OTHER editor_kao私物

最後は、マキシ丈のシャツワンピース。バルーンスリーブが特徴的な、一枚着るだけで様になるデザインですが、そんなときこそ小物使いに気をつかいたいものです。サンダルで王道に着こなすのも素敵だけど、ひとひねりしてクラシックなスニーカーを合わせるのも粋なスタイル。白いスニーカーとリンクさせて、カーディガンも白にしました。

ちなみにバッグは花柄のクラッチですが、これはワンピースのバルーンスリーブがもつ女らしさを引っぱったものです。スニーカーに合わせてカジュアルなバッグをもつことも可能ですが、あまり面白みがありません。やはり着こなしの主役であるワンピースにフェミニンな要素があるなら、それは生かす方向で。だからピアスも、大ぶりなものをきちんとします。カジュアルダウンは過剰になると、ただただだらしなく見えるので注意が必要。よく見ると、このコーディネートって、足元以外はフェミニンなんです。

editor_kao

フリーエディター。
ファッション誌を手がける編集プロダクションに勤務の後、独立。
現在は大人の実用ファッションを中心に、人物インタビューや日本の伝統文化など、ジャンルレスで雑誌やカタログ、ウェブで活動中。

また、3年目を迎えるインスタグラム
@editor_kaoでは私服コーディネートを紹介する傍ら、さまざまなブランドや百貨店とのコラボレーションも手がけている。

NEWS LETTER

新商品のご紹介や会員様限定のイベント情報など
最新ニュースをニュースレターでお届けします。