COLUMN

ディレクター五味田 渉が語る
「上質を纏う。素材の良さを追求した物づくり」 Vol.2

2019.12.24

世界各国から良質な素材を選りすぐり、素材に合わせて細部まで丁寧に作り込まれたJAMAIS VUのアイテムは、どれも着心地がよく、ずっと側に置いておきたいものばかり。

中でも「ハミルトンラムズウール」は、格別な肌に触れたときの柔らかさを誇り、トップスはもちろん、アウターからボトムスまで、JAMAIS VUの製品に最も使われている素材です。年に一度しか採れない希少なこのウール使用したアイテムの魅力を、ディレクターの五味田 渉氏にお伺いしました。

TOPS

数あるハミルトンラムズウールを使用したトップスの中でも特に人気なアイテムが良質な素材の上品さとスポーティなデザインのバランスが絶妙なプルオーバーとパーカー。

ベーシックでトラディショナルなデザインに落とし込むのではなく、トレーナーやパーカーのような形でもカジュアルに寄りすぎていない、このブランドならではのデザインに仕上がったなと思っています。

丈の長い短いを調整できるように、裾にストリングを入れているのもこだわり。タックインもできるし、裾を絞ることでトップスの短さ・軽さを表現できるので、アウトで着ても絶妙なバランスで着こなすことができます。

PANTS

ニットは表面と裏面があって、いつもどちらを使うか悩みます。今回のパンツは裏面を使用していて、ストレッチを入れることで目がつまって布帛っぽいクリアな表面感の仕上がりになっています。ストレッチのおかげで履きやすさも抜群です。

カジュアル感を軽減させスッキリとした印象になるように脇はぎのないデザインに。

ニットパンツで出やすい股のたるみが出ないように仕立て、ポケット部分もニットの編みで出すことでラインが崩れない、細部までこだわりが詰まったアイテムです。

ウエストがゴムになっていて股下が深いので、ウエストを上げれば丈の調整も可能です。形はワイドと裾リブタイプの2種類。裾リブタイプの切り替えラインは、デザインとして楽しむことはもちろんカットして切りはなすこともできるようになっていて、身長による制約を極力なくすように工夫しています。

OUTER

極薄の中綿を内蔵していて、軽いのに保温性がしっかりあるコートに仕上がりました。
シンプルかつ機能的で、流行にとらわれず長く愛用してもらえるデザインです。

中に厚手のニットを着ても羽織やすい少し大きめの身幅ですが、袖に若干のテーパードを施していて裏地も出てこないようになっているので、袖を折り返えしても、サイズが合っていないようには感じさせず、あえて折り返しているようなこなれた雰囲気になるものポイントです。

コートジャケットは、少し長めの丈感でコートとジャケットの中間のような作りが特徴。
これまでに意外となかったデザインに仕上がっています。フリーサイズコートはボタンをつけていないので、どんな身長の方でもバランスよく着こなすことが可能。トラッド好きの方にも、ミニマムなコートがお好きな方にもオススメできるデザインです。

すべてのアイテムをみる

NEWS LETTER

新商品のご紹介や会員様限定のイベント情報など
最新ニュースをニュースレターでお届けします。