MERINO OPTIMO 0.2%の希少な羊が生むしなやかなウール

MERINO OPTIMO

WHERE 産地

羊の一種「メリノ種」の毛から生まれるメリノウールは、繊細さと柔らかさを併せ持つ品質の高さで世界中から愛されています。毛が細く、均一な長さを保つ上質なメリノウール。さらに品種改良を重ね誕生した高級メリノウールが、「メリノオプティモ」です。

メリノウールは現在、オーストラリアやニュージーランドを中心に生産されています。対してメリノオプティモとなる羊は、特に自然豊かで放牧に適したオーストラリアの高原地帯・を中心としたエリアと、タスマニア島の東海岸エリアで飼育されています。

MERINO OPTIMO MERINO OPTIMO

FEATURE 3つの特徴

01 10年という年月をかけて
生まれた希少ウール
MERINO OPTIMO

メリノオプティモは、メリノ種を交配し誕生した希少種により生み出されます。10年にも及ぶ長年の研究を重ね誕生したこの特殊な毛を持つ羊の割合は、全メリノ種のうちのわずか0.2%。非常に高い希少性を誇ります。

皮膚が薄く、毛穴が多いのが特徴で、その毛はしなやかで光沢を持っています。毛の成長スピードが速いため生産性が高く、それでいて天鵞絨のような上質な毛が採れることから、農家にとってもメリットの多いウールとして注目されつつあります。

02 なめらかで着心地も抜群
MERINO OPTIMO

メリノオプティモの魅力は、なめらかな肌触りによる着心地の良さにあります。それはもちろん、長年の品種改良によるもの。メリノオプティモは柔らかく薄い皮膚を持ち毛穴の深さが均等なため、毛が生えてくる速さもほぼ均一。毛同士が絡み合うことなくまっすぐ伸びていくため、潤沢な脂がすべての毛に均等に行き渡り、独特のぬめりとカシミアのような肌触りの良さを実現します。

チクチク感の少ない、肌に優しい着心地を実現します。美しい光沢感は、イタリアの高級メゾンでも採用されるほど。

03 着れば着るほど
肌になじんでいく
MERINO OPTIMO

ウールの品質の高さの指標となる、発色の良さ。メリノオプティモは、鮮やかな発色を高い発色の良さを誇るほか、天然の吸放湿性・消臭性といった機能性にも優れています。

チクチク感の少ないメリノオプティモは、着れば着るほど肌になじみ、次第にカシミアのようななめらかな風合いに育っていきます。スーツやニットに最適ですが、肌に直接触れてもべたつくような不快感がないため、インナーなどにもぴったりです。

他の素材をみる

NEWS LETTER

新商品のご紹介や会員様限定のイベント情報など
最新ニュースをニュースレターでお届けします。